« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

最高の1年をありがとう!!

恒例により、2010年を振り返ってみます。私は2007年に退職し今年で丸3年が経ちました。1年目が最高の年といい、2年目は更に良い年であったというのは、ブログの中で書いたとおりです。さて、3年目の今年はどうだったのでしょうか?結果は願いが次から次へとかなってしまう私の人生の中で最高の年となりました。こんなでいいのか?と戸惑ってしまうほどで、最高の年の記録を更新しました。

昨年想い通りに目標が達成でき、もうこれ以上は望まない、と無欲の気分で今年の幕は開きました。しかし、ある人に「目標をもたないと、現状維持すらできなくなる。」と言われ、年度の目標はとりあえず設定して今年はスタートしました。

今年の最もビッグな嬉しいニュースは、長女の結婚というイベントでした(9月)。ちょうど、昨年の大晦日に本人から結婚の意志を聞きました。私の中では一番気になっていたので、いい伴侶を得て、幸せそうな娘を見ていると私の喜びもひとしおです。次が、次女に2人目の子、即ち私にとって2人目の孫ができた、ということです(3月)。娘夫婦は子育てに大変ですが、爺婆にとっては、待望の2人目の孫です。そして、長女夫婦、次女夫婦と孫2人、我々夫婦の8人で、伊勢志摩への家族旅行を行いました(10月)。親として、はじめての経験でしたが、大盤振るまいをするのは気持ちのいいものでした。家族という観点で更に付け加えると、実父の7回忌を無事済ませたこと(12月)、長男としての責を果たしました。また、認知症の気があった義祖父の頭がほとんど正常にもどったのも大きいできごとでした。

仕事の面でいうと、年初に、4つの目標をたてました。結果は、奇跡的に4つすべてクリアできました。1つめは、国家試験であるCC技能士を取得すること。試験の出来が悪く危なかったのですが、運に恵まれ、論述、実技とも、ぎりぎりでクリアしました。2つめは、F社の企業研修の仕事をすること。ここまで子会社では、やってきましたが、そろそろF社本体の研修をやってみたい、と思い、それは2月と8月に実現しました。晴れてF社の人事部にも仁義をきりにいくことができました。3つめは、T大の教壇に立つことでした。これは、4月から叶いました。秋からの講座もこなし、案外評判はいいようです。この仕事は、これからの日本を担う若者と相対でコミュニケーションできるというところが魅力です。4つめの目標は、知名度の高い団体のトレーナーか認定講師になることでした。これも運よく、12月に、CCトレーナーの合格通知をいただきました。

以上、振り返ってみると、相変わらず運が来ています。上記以外にも、思いもかけないD社の企業研修や講演会、ならびにNPOの新企画である再就職支援講座など、身体がいくつあっても足りない状態です。一方、マイナスの事件は一切ありませんでした。このご時世ではこれは珍現象でしょう。日頃関わり合ってくれている「家族」や私の大好きな「関わってくれる人たち」、そして「天」に対し、感謝!感謝!です。最高の1年をありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月28日 (火)

体調

年の瀬を迎え、久々に体調を崩してしまいました。22日の朝のことです。朝、目が覚めて起き上がろうとするのですが、頭がフラフラして、まともに歩くことができません。こんなことははじめてですが、とにかく普通の動作がしんどいのですから、仕事はできるはずがありません。当日勤務予定であったT大には、AM9:00にTELを入れ、休みをいただきました。T大の講座は終わっていたので最悪の事態は免れましたが、独立後、初めての体調不良です。残っていた12月の仕事はすべてキャンセルさせていただき、かかりつけの医者に飛び込みました。とりあえず、薬を飲み、ひたすら静養ということになりました。原因不明です。

女房殿によると、原因は次の通りだそうです。原因1は、過度の仕事への集中。前日まで、時間を見つけては、来年スタートする仕事の概要をひたすら作っていました。具体的には、90分1コマの授業や研修を60コマ分、これに加えること2月実施決定のF計画の内容、納期を延期してもらってウェイテイング状態のD計画のMENU、さらに2月に決まっている講演会の内容などを、年内にメドをつけたい、と思い必死でした。1つ1つの仕事について、頭から湯気が出るぐらい集中して、内容をつめていた矢先でした。

原因2は、秋口から、休暇らしい休暇もとらず、ほとんど働きづめできた「疲れ」が出たという説。好きな釣りにも行かず、仕事ばかりしていた感があります。もしかすると、サラリーマンの現役時代の方が、休暇をちゃんととって気持ちの切り替えができていたのでは、と思えてしまうこともありました。原因の3は、タバコの吸いすぎという説。 私はタバコを吸う日と吸わない日を決めることで節煙に成功しましたが、最近は吸える日に2箱ほど吸ってしまう傾向にありました。これが2日間前日まで続いたことが引き金になったかもしれません。

なにはともあれ、このところ、あまりに体調がいいので健康を軽視していたきらいがあります。今回は天からの警告でしょう。お陰様で、6日経った本日は95%は回復した感じですが、来年は過密スケジュールが続くので、「体調を維持してスケジュールをこなす」ことを最大の目標にしていきます。

飲み会も総キャンセルと相成りましたが、飲む予定をしていた大学時代の友人A氏とH氏から、温かい見舞のメールをいただき、思わずホロっとしてしまいました。うれしく、ありがたいものです。感謝!感謝!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月15日 (水)

法事とプレゼント

父の7回忌の法要を、西東京の私の実家で、総勢14名で執り行いました。今回は、生前大変お世話になったN氏、M氏、H氏にも声をかけさせていただきました。

日蓮宗本照寺のお聖人の読経ではじまり、大きく変貌しつつある保谷駅前の中華料理店で会食としました。懐かしい人達との歓談は楽しく、弟夫婦の絶妙のサポートや親戚一同の協力により、よい7回忌になったと思います。はっきり言って、ホットしました。

みな、口を揃えて言うのは、6年があっというまであった、という言葉です。確かにその感はありますが、私にとっては、この6年間は大激動の連続でした。2001年12月16日に父が亡くなり、翌年の2月に、私に病気がみつかり、長期入院。2回の手術と熱発再入院、職場復帰、ITベンチャーの子会社出向、家のリニューアルと引っ越し、病気再発の疑いで再手術、再復帰して3カ月後に早期退職、次女の結婚、以後独立起業、孫の誕生、長女の結婚となって現在に至っています。特に退職後の3年4カ月は、様々なことが凝縮された私にとっては至宝の時間です。ここに至って、父が生きていたら、とふと思うことがあります。

法事をすませ帰宅してみると、1通の手紙が届いていました。先日受験したCCトレーナーのカウンセラー団体の試験結果通知です。あまりにも出来が悪かったので??と思いながら、封をきってみると、「合格」となっており、これはこれで大きなサプライズでした。今年の最後の目標が、団体の公認トレーナーになることでしたので、これもクリアしたというわけです。また、前日はTA大と打ち合わせし、1月から非常勤講師をスポット的に引き受けることが決まりました。

カレンダーの1年の平日がほぼ埋まってしまいました。2011年の1月から3月は、(月)M計画、(火)TA大orJ社、(水)T大、(木)T大orNPO、(金)TA大となり、ここにS高校の90分セミナー(2/1)とF計画(2/10~11)が入りました。4月から7月までは、(月)M計画、(火・水)T大、(木)D計画、(金)TA大。8月以降は、月曜日がTA大に変わり、木曜日にNPOが入ります。これにトレーナーとしての時間拘束がどこかでありそうです。NPOはしばらく休止せざるをえません。どうも殺人的なスケジュールになってしまいました。これでは何のために退職したのかわからなくなります。されど、自分で播いた種、致し方ありません。法事の7回忌のタイミングで、天からもらった「プレゼント」にしばらく縛られそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月10日 (金)

カウンセリングいろいろ

我が国におけるカウンセリングの主流は、C・ロジャーズの「来談者中心療法」です。しかしながら、それだけでは十分とはいえず、カウンセラーは数ある他のカウンセリング手法を学び、引き出しを多くしておく必要があります。そんなことを想いながら、カウンセリングの現場に出ているのですが、ある日、1日に2件の新しいカウンセリングを試す機会に恵まれました。

1件目は、今勉強中の「ゲシュタルト・セラピー」です。3月から来談を続けていてきっちりラポールができているクライエントを対象にトライしました。もちろん、今回はじめてやってみるということ等、事前のインフォームド・コンセプトはさせていただいた上での話です。心の中で、進路決定などの岐路にたった時に、「ゲシュタルト」は機能すると私は常々思っていました。小さい子供をかかえた母親が、空白期間を乗り越えて、働くべくか、否かというテーマです。恐る恐るやってみたのですが、結果は「吉」とでました。ごく自然に方向性をクライエント自らが見出してくれたのです。研修でやっていたのと同様にモヤモヤ感は晴れるという効果がそこにありました。クライエントに感謝です。

2件目は、中学2年生の子と母の「親子同時カウンセリング」です。母は転職を希望してはいるものの、中2の子の登校拒否(引きこもり)があり、そちらがいつも気になりブレーキをかけている状況。私は2度のカウンセリングをへて、子供の問題が最重要と認識。子供を連れてくるよう要請していました。それが実現したということです。退出時間30分前の入室で時間がなかったため、親子同時カウンセリングという形を取らざるをえませんでした。複数人数相手のグループ・カウンセリングは、大学等で経験済みですが、中学生が対象というのは、初の経験でした。退出時間を30分オーバーしましたが、彼から「ここへ来たときはー3の「不快」状態でしたが、今は+3の{快」の状態です。」というコメントを最後に聞くことがでました。どうやら、うまくいったようです。問題解決の時間はかかりますが、突破口を得た気がします。

本番で新しいことを試みるのは勇気がいりますが、相応の自信をもって、トライしてみました。結果は2件ともOKでしたので、新しい引き出しができたことと、新たな自信が芽生えたということを喜んでいます。カウンセラーとしての「厚味」の部分が増えた感じがします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 2日 (木)

師走

2010年も暦上、師走に入りました。毎年12月はせわしなく、あっという間に終わってしまいます。今年はどうでしょうか?私の胸算用は、D社の研修が終わり、T大の講座も終了するので、12月はゆっくり休めるというものでした。然るに、現実は・・・・・。

カレンダーをめくり、依頼を受けたものの納期や仕上げの予定を記入してみるとそんなに余裕がないことに気がつきました。12月中旬までに、6件の提案を仕上げねばなりません。この内2件はまだ正式なオファーはありませんが、必ず来るので、射程に入れておかねばなりません。どうも、人が受けないようなことを気楽に引き受けてしまう私のノー天気が表れている気がしてなりません。

1つめは、来年1月より、開講が決まっているM社の企業研修。この詳細コンテンツを仕上げること(今後、これをM計画と呼びます)。2つめは、2回目のF社企業研修(今後これをF計画と呼びます)。2月に日程をとること自体が難しくなってきました。3つめは、先日引き受けた形になっている新宿T大の非常勤講師の件です。(今後これをT-A計画と呼びます)。こちらは、講座のメニューを、10日間ぐらいで決めなければなりません。4つめは、D社のフォローアップ研修(これはD計画といいます)。こちらは引き続きですので、NOとは言えません。ただ、スケジュールがパンパンなので、4月開始という条件をつけさせてもらいました。このメニューの大枠を年内合意しておかねばなりません。5つめは、NPOの代表から頼まれた案件。S高校での90分セミナーです。高校生にマイメッセージを贈るチャンスと捉えましたが、90分となると、準備に手間がかかりそうです。最後の6つめは、チームMJで来年行うイベント「OKコミュニケーションの集い」の企画です。これはすでに発信しました。

12月は思ったほど休めそうもないです。残念ながら、今年もきぜわしい師走となりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »