« 強さが応援力を育てる | トップページ | Something New »

2010年6月20日 (日)

菖蒲園

100617_132827 梅雨の合間の晴れをピンポイントに狙って、菖蒲鑑賞に行ってきました。女房殿との久しぶりの「遠足」です。横須賀線新橋駅で下車し、まずは昼のステーキで腹ごしらえ。山手線に乗り換えて、西日暮里→千代田線 金町へ。目的地は、水元公園。菖蒲祭りの真っ最中です。金町からバスに乗って、「水元公園」で下車。道しるべに沿って現地まで徒歩7~8分というところです。途中、川幅があり、ヘラブナの釣り人で賑わう場所を通り、楽しみながら歩き、目的地に到着しました。

100617_134139 私は、菖蒲が咲き乱れているのを見るのは初めてです。紫色を中心に、薄紫、白など、それは広大な場所に咲き乱れていました。その咲き様はお見事、なかなかのものです。周囲は、画を描いている夫婦連れ、テナガエビを狙っている釣り人など、のんびりしたもので、時間が止まり心が洗われる感じです。1m40の鯉を釣り上げTVに出演した人、カラスを飼いならし自由に操る人などの地元の有名人とも会えました。

100617_150011 ここまで来たので、隣駅の「柴又」にある帝釈天にお参りしました。「フーテンの寅さん」の舞台となる所ですが、女房殿は初めて、ということで、なかなかの感激があったようです。(私は2回目)。用意してきた御朱印帳にサインをもらい、名物の「草ダンゴ」を買って帰路に。

当日は、夕刻より、勉強会に出席。その仲間に「草ダンゴ」をみやげとして持参しました。私としては、珍しく気を利かせたつもりでしたが、思惑がはずれました。包みの封を解き、開けてみるとどうやって食べていいか分からない。すべった、ころんだ、言っている間に、「ゆでて食べてください」という説明書を発見。これじゃ手間がかかって大変、ということになり、M女史に持って帰ってもらうことにしました。慣れないことはするもんじゃない!!ところが・・・・・。帰宅してこの話を女房殿にしたところ、「今日買ったものはそのままで食べられる。説明にあるのは、時間が経った場合のことです。」と言われ、またまた早トチリの自分にガックリ。

|

« 強さが応援力を育てる | トップページ | Something New »

趣味」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 菖蒲園:

« 強さが応援力を育てる | トップページ | Something New »