« 梅雨 | トップページ | 税金と借金 »

2008年6月 4日 (水)

現場主義

J社のS部長とN部長と会食した。1つ気になる事があった。S部長が社内研修の対象で、私のよく知っているFF人事部出身の講師から6ヶ月間コーチングを受けるという。講師はどこでコーチングを勉強したかしらないが、コーチングを標榜する私にとっては、心中穏やかでなかったのは事実である。今日、S部長が言ったのは、「講師のF氏の話は現場と乖離していてコーチングは苦痛である。」という感覚を述べた。さらに、「小倉さんの強みは、現場と密着しているところで、そこは小倉さんしかできない部分がある。」と言ってくれたのである。自分でも現場主義を終生貫いており、そこが自分のこだわり、と思っていたが改めて言われる嬉しいしモチベーションもあがるものである。コーチングやカウンセリングの評価の仕方はたったひとつ、クライアントが、その時間を短く感じるかどうか、またやりたいと思うかどうか、だと思っている。その心が「コーチング・セラピー」だ。私は自分のスキルに自信をもっており、過去私のクライアントが外で別のコーチング研修を受けてきた感じを聞いていて、そんじょそこらのコーチに負けるとは全く思っていない。(勝ち負けの世界ではないのだが・・・・)そんな事を改めて感じたS部長の話だった。現場に虚偽はなく、現場を大事にする、この考えは、これからも私の信念の1つである。

|

« 梅雨 | トップページ | 税金と借金 »

仕事スキル」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 現場主義:

« 梅雨 | トップページ | 税金と借金 »